いつか必ず訪れてしまう事

未分類

いつか必ず訪れてしまう事

最初にアップしたYouTubeの動画を観てくださっている方はお気づきかもしれませんが、引き取った子猫は4匹でした。ウチに来て二日目に1匹亡くなってしまいました。茶々丸(ちゃちゃ)の弟です。

引き取った時から心配はしていたのですが、「まさかね?大丈夫ょね?」と思いながら世話をしていました。何故心配だったかというと1番体が小さく、ミルクもほとんど飲めず、呼吸の仕方が他の子猫達と明らかに違っていたからです。生まれつき弱かったのか? 先天性の病気なのか? 何もわからないまま見送るしかありませんでした…

4匹を引き取り、ダンボールに入れてレンタカーに乗せている時もウチに来てからも、その子に対し元気な蘭丸(らん)や、茶々丸(ちゃちゃ)は、お構い無しに、じゃれていたので弱っているのに体力が奪われてはいけないと思い、亡くなる前日の夜からは別にダンボールに入れて過ごさせていました。

朝方に目が醒め、4匹を確認すると、その子の体が冷えていることに気がつきました。すぐに抱き上げホットカーペットの上に毛布でくるみ暖めました。小さくも声を出していたので安心したのですが、寝ていると思っていたら亡くなっていて…

せっかく産まれてきたのに、大人になるまで育ててあげられず悔しく、愛情を注ぐ間もなく、はやい別れにとても哀しかったです…

ですが残った3匹と、これからまた出会うであろう子達のためにも、前愛猫(やしゃまる)の時のように落ち込んではいられないんだ! と目と鼻のつけ根が痛くなっても、我慢して奥歯を噛み締めて、今は自分を無理矢理ですが納得させ前を向いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました